« ひさびさの「当たり読書」:『THE WORLD FOR SALE:世界を動かすコモディティー・ビジネスの興亡』 | Main | 誰もいない映画館で『セールスマン』を観ながら、自分も仕事をしているような気になっていった。 »

2023.01.28

映画館のロビーに占い師さんのブースを置いたらいいのに、という話

このことはずっと前から思っていることなのだが、映画館の待ち合いロビーに、占い師さんが待ち構えるブースを設置したら双方ともに儲かるんじゃないだろうか。

映画を観た後の高揚感のなかで、エンドロールを眺めながらいろいろと自分の人生を振り返って「このままで自分はいいのだろうか」とか、普段あまり検討していなかったことに思いをめぐらせながら席を立ったあと、もし目の前に占い師さんが待ち構えていたら、つい割高な料金を払ってでもそこに座って手相でも見てもらいたくならないだろうか。

Aso

そして、訊かれてもいないのに映画の感想とかもベラベラとしゃべってしまいそうだが。

映画館って、そういう意味では「人生について立ち止まって思いを巡らせやすい場」のような気がするので、例えば大規模なシネコンだと、妙にアトラクション風情のあるキラキラした世界観だけがその空間のすべてを覆っていて、どうにも腑に落ちないところがある。部分的には「陰鬱な気分を落ち着かせる、しっとりとしたエリア」があってもいいわけで、占いコーナーはそのあたりをうまく回収できる場になりそうなものだが、どうなんだろうか。

あと、なぜかそういうシネコンってロビーがやたら広々としていて、ウイルス対策的にはもちろん良いのだろうけど、どうせこれぐらい広いのだったら、占いコーナーのひとつやふたつも簡単に設置できそうなのに、未だに占いコーナーつきの映画館というのは実現してそうにない。

Movie
(ムダに広いロビーの理由は、消防法とかの関係があったりするのかもしれないが)

話のついでに・・・映画館はボランティア団体とかNPO/NGOとかとコラボして、募金箱とかを常設することも効果的ではないかと思う。パネル展示とかがあって募金箱があれば、上映までの待ち時間のときでも映画をみたあとでも、ナチュラルに募金をしたくなる気がする。そういう映画館があれば積極的に足を運ぼうという気持ちにもなるだろうし。

|

« ひさびさの「当たり読書」:『THE WORLD FOR SALE:世界を動かすコモディティー・ビジネスの興亡』 | Main | 誰もいない映画館で『セールスマン』を観ながら、自分も仕事をしているような気になっていった。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ひさびさの「当たり読書」:『THE WORLD FOR SALE:世界を動かすコモディティー・ビジネスの興亡』 | Main | 誰もいない映画館で『セールスマン』を観ながら、自分も仕事をしているような気になっていった。 »