カテゴリー「消費社会」の記事

2019.09.16

水俣病を学ぶ旅

Take_it_back
このあいだ、初めて水俣市に行く機会があった。現地では「水俣病センター相思社」のスタッフさんのガイドによって、水俣病に関するいくつかの関連場所をめぐることができたのだが、この問題は過去の歴史どころか現在進行形で今の時代に地続きであるということを改めて思い知った旅となった。

 まず印象的だったのは、肥薩おれんじ鉄道「水俣駅」を降りると、駅の正面すぐにチッソ社(現代はJNCという社名に変わった)の正門がドーンと鎮座していることだ。企業城下町という表現があるが、まさにここはそうなのである。歴史的に塩づくりが主要産業だったところに、近代的なハイテク工場を誘致したことで、この一帯は周辺地域から働き手を集めることとなり、街が形成されていった。さらに対岸にある島々から、「いつか子供や孫の代が工場で働けたら」の望みをもって、漁民が移り住むようになり、それが町外れの漁村を形成していったわけである。こうした事情により、近距離の範囲内で「都市部と農村部」がセットで急速に発展したという特徴があり、私のように農村の生活を知らず、物心ついたときから「企業に勤める」という「文化」に囲まれてきた人間にとっては想像力が試されるところだ。水俣病を考えるにあたり、「そもそもチッソはどういう企業として日本のなかで発展していったのか、それに応じて地域住民がどのようにひとつの企業を受容していったのか」という「前史」を知ることがとても重要だということをその場で実感した(無知ゆえに私はそうした話の時点でお腹いっぱいだったのだが)。

 このように「豊かさ」をみんなで求めていったはずの街や村に、やがて水俣病の公害汚染が引き起こされていくわけで、あらためておだやかな内海を取り囲む対岸の島々を実際に見やると、内海ゆえの地理的条件のなかで有毒汚水が対流・沈着していく感じを体感的に想像してしまう。説明によると当初チッソの工場は鹿児島のほうに作られる見込みだったのが、いろいろな経緯で水俣に誘致されたとのことで、もし海流の違う地域に作られていたら、こうした公害に伴う問題の発見は遅れていたり、文字通り水に流されていたかもしれないという可能性も考えさせられる。

 JNC社と名前を変えたチッソ社は現在も水俣で工場を稼働させているし、その周辺にあるさまざまな会社もほとんどがチッソの関連会社として動いていて、当初はチッソ工場内にあった購買部までもがそのまま発展して地域のスーパーマーケットチェーンにまでなったりもしていて、あらゆるものがチッソ社とともに「発展」していって、今に至る。

 それゆえ、住んでいる人々も多くはチッソの関連会社で勤めているわけで、こうした地域で「公害の歴史」を風化させずに共有し続けることがどれほど難しいことか、相思社の方の語りの端々にそれが伺えた(たとえば、地元であればあるほど、そこで育つ子供たちの親の多くはチッソに関わる仕事に就いてるため、水俣病公害のことを学ばせることは現場の教員にとって非常に難しい状況だそうだ)。

また同時に、JNC社で開発・製造される工業製品の数々ははまちがいなく今の私の生活にも役立っていたりする。そのこともまた事実である。たとえば私の趣味のひとつが「市民マラソン大会の応援」であることが相思社の人に伝わると、「ランナーの位置を計測するチップの部品などもこの会社で作っているんですよ」と教えられたり。

 そして「水俣病」と、土地の名前がそのまま病名になってしまったことで、この名称変更を求める住民運動も続いているそうだ。そう言いたくなる人々の気持ちも分かるものの(あるいはそれもまた政治的な動きであるのだろうけど)、水俣で起こったことから日本全国や世界へ発信されていったこの痛ましい出来事の存在を示すためにも、やはりこの病名には意義があると個人的には思う。「メチル水銀中毒症」と言われても記憶に残りにくい。

 そうした流れとともに、この水俣病の存在を「環境問題」として捉えさせようとする動きというものも、あちこちに微妙なかたちで漂っていて、「環境問題」となった瞬間に抜け落ちていく「責任の所在」が曖昧になっていくことの居心地の悪さを覚える。いわく「環境問題=現代に生きる私たち全員が責任を負っています」というような。
(それゆえ、当時の状況を伝える看板のたぐいも、そこに書かれる文章のひとつひとつは、多様な“綱引き”によって形成されているので、読解には注意を要することになる)

 見学ツアーのなかでとくに印象的だったのは、公害を伝える「史跡」は、チッソの工場内にもまだ残っていることだった。ガイドの方が工場の塀の向こうにわずかに見える排水浄化装置のことを説明してくれたのだが、これは水俣病の存在が指摘され始めた初期において、病気の原因の疑いが有毒の工場排水にあることを受け、「表向きのアピールのために」作ったものであり、実際の浄化機能はなかったとのこと。こうしたごまかしの姿勢が一定期間続くことで、長らく「空白の年月」として原因究明や公害認定の道のりがさらに遠のいていき、被害をさらに拡大させたことは厳しく糾弾されるわけだが、そうした「経済発展至上主義の影」が形としてまだ現存しているのである。そしてその近くには監視カメラが当然あったりするわけだが、我々はこの何気ない塀の向こうの建造物に、さまざまなものを見いだせるのである。

 その翌日に訪れた市立水俣病資料館では当時の様子を伝える新聞記事のスクラップブックが年代別に並べられていた。最初はネコなどの動物が変な死に方をする奇病として報じられていき、それがやがて地域住民の中にも奇病が発生していることが分かっていき、どんどんその謎が広がりを見せる。しかし一向に原因や改善が見られないことへの戸惑いが、無実の住民の悲痛な姿をとらえた写真(当時の社会規範における許容範囲としてのものとはいえ、非常に生々しく)とともに報じられ、真相をすでに知っている新聞記事の読み手としての自分はこの「謎の病気」をめぐる叫びにたいして、やりきれない思いを抱かずにはいられない。

そうして紆余曲折を経てやがてひとつの原因にたどりつくも、それが一企業の引き起こした「公害」として認定されるまでにはさらに途方もない時間と運動が必要となっていった歴史が、スクラップブックの「背幅」を通して実感できる。先に述べた「偽りの浄化装置」が作られたときの新聞記事ももちろん確認することができ、この「偽り」で表向きの収束を見たのか、このあたりの時代は一気に報道量も減っていき、スクラップブックも薄かったりする。しかしこの「薄さ」の向こうに、健康だったはずの人生を奪われて次々と苦しんでいったたくさんの人々の姿があるはずなのである。

 近々、水俣の問題を追って撮り続けた写真家ユージン・スミスを題材にしたジョニー・デップ主演の映画作品が公開されるとのことで、水俣は改めて世界的な注目を集める場所になるであろう。話によると水俣はロケ地でもなく、セルビア方面で撮影が行われ、細部のディテールなどはどうしても実際のものと異ならざるを得ない内容になっているそうだが、こうした「自分たちでは振り返りたくない過去」を見据えるためには、外部からの視点を持ち込むことが有効なのかもしれない。それはまた、まさに今の日本の政治的社会的状況においても言えることだろう。

 

| | Comments (0)

2019.06.29

企業ノベルティグッズを探すことにハマっている

 最近はちょっとした日用品を手に入れようと思ったら、まずとりあえずオークションサイトで調べることが多くなった。ヤフーオークションの場合だと「アンティーク、コレクション」のカテゴリのなかの「広告、ノベルティグッズ」のカテゴリーを選んだ上で、その都度ほしいアイテム名を検索すると、しばしば味わい深いものに出会えたりする。

 単なるノベルティグッズだったりすると、モノとしての品質とか使いやすさなどは期待できないわけだが、こうした企業ロゴ入りグッズには何とも言えない「鈍くささ」だったり、ある種の皮肉めいた面白さを感じてしまう。そしてそうした「記号」を日常の中にどう取り入れるかをあれやこれやとイメージして楽しむ。

 ふとしたことから調べてみて楽しかったのは、エプロンである。このジャンルもいろいろな企業ノベルティが存在しており(じつに多くの企業がエプロンを販促グッズにしているという、そうした事実そのものにまずは圧倒されるわけだが)、そのなかでいろんな航空会社のものが出品されている状況に出くわした。オークションサイトの画像を載せるのは控えるが、おそらくあるマニアの人がずっと集めていて、それらを処分しようとしているとおぼしき状態で、特にそこまでエプロンを必要とはしていなかったが、あれこれと欲しくなってしまうほどにファニーなデザインのものが多かった(アエロフロートの旧ソ連っぽさ全開のデザインとか、とくに)。

 先日実際に手に入れたものは、アンティークショップが出品していた、イタリアのお酒メーカーMARTINIのロゴが印刷されたグラスセットである。同社は古くからモータースポーツ界における熱心なスポンサー活動でも知られており、昔からこのロゴには親しみがあるのでそういう系統のグッズも探していたら、このグラスにたどり着いた。説明によると、MARTINIのお酒を提供するお店だけに配布された宣伝用のものらしく、家でお酒をほとんど飲まないくせに、どうしても気になって落札した(幸運にも競合相手がおらず、とっても安価に済んだ!)。販促用に作られた非売品とはいえ、分厚い底のおかげで手に取ったり置いたりするときの安定感がよくできており、これはこれで何かと普段使いしたくなる・・・もっぱら、ジュース飲んだり(笑)。

Martini 

| | Comments (0)

2019.01.02

お店の空きスペースを有効利用。コインロッカー不足に対応したシェアリングサービス「ecbo cloak」を利用してみた

あけましておめでとうございます。
今年もできるかぎりたくさん書いていきたいと思います。できるだけ・・・

---

さて。
旅行などで大きい荷物のあるとき、大都市のターミナル駅などでは、コインロッカーが空いていないことがほとんどである。そしてスーツケースなど大きい荷物になると、さらにロッカーの数が限られている。「荷物預かり所」を設けている駅はよほど大きい駅じゃないとないので、なかなか困るわけである。

それでネットで調べると「ecbo cloak」というサービスがあることを知り、このあいだ初めて使ってみた。
店舗の空きスペースを利用して、ネットを介して「ここなら荷物預けられます」と検索されて、利用者とつなげるシェアリングサービスである。

会員登録をして、自分が預けたいエリアを検索すると、地図付きでいろいろなお店が表示される。そこからは手軽に自分の持ち物の個数などを選択していけば、あとはお店の営業時間に応じて予約ができる。

先日私が使ったのはとあるデパートの服屋さんだったのだが、レジに持っていくと「チェックイン」の作業が行われ、荷物の写真をその場で店員さんが撮影していた。
(何らかの処理が行われるたびに、登録してあるメールアドレス宛に通知がちゃんと来る)

ひとつ注意しないといけないのは、「この時間に取りに行く」ということを現場でも改めてはっきりさせておかないとお店側も困るので、そこだけはコインロッカーほどの気軽さはない(料金は1回いくらなので、もちろん遅刻しそうならあらかじめ電話連絡をすればいいだけなのだが)。

そしてもうひとつこのサービスが興味深いと思うのは、荷物を受け取りにいったついでに、私はその預かってくれたお店の商品もついでにチェックすることとなり、ついつい記念にTシャツを買ってしまったことだ(笑)。また場合によっては、旅先についてのちょっとした情報などもそこの店員さんに質問しやすい雰囲気も出てくるだろう。いくつか検索されたお店のなかで、自分の親しみやすいジャンルのお店を選んだことにより、そうした「旅先での予想外の出会い」も楽しめたわけである。

AirbnbとかUberとかは、日本の行政の強固な姿勢により普及は難しいが、コインロッカー業界においてはあまり既得権益を守る必要がないためか、このシェアリングサービスはすでに利用可能なわけで、今後はもっとお店が参加してほしいと思う次第である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2018.01.06

電球色でないと生きられない人々を救う「スワン電器」に敬服した話

せめて自宅にいるときぐらいは、白い蛍光灯のもとで生きていたくないのである。

電球の明かりが心安らぐので、家の照明は洗面台以外はすべてできる限り電球を使っている。LED照明の電球色も大手メーカーが作ってはいるが、どうしても「ニセモノの光」っぽく感じてしまう。そして鋭さのようなものが、ちょっと痛々しいぐらいに光る印象がある。なので可能な限り電球を使い続けたいのだが、近年はあらゆる部分でLEDに取って代わっている。「電気代がもったいないからLEDの白色電灯でガマンしなさい」なんていう人とは、もはや生きていくうえでの哲学が根本で異なるから、一緒に暮らせないと思う。これは死活問題みたいなものなのである。

さて、そんな私はいまの賃貸に住んで3年目になるのだが、住み始めたときからひとつだけ大いに不満だったのが、メインの部屋の天井照明だった。例のごとく「白色LED蛍光灯」で、しかも不思議な形状の蛍光灯だからか、それらを囲む円盤状の照明器具一式が天井に固定されていて、取り外せなかったのである。

なので私は、この天井のライトを使用することなく、他のコンセントから細々と電球ランプをつなげて、いつも間接照明だけでチマチマとやり過ごしていた。別にこれはこれで差し支えなく、「ちょっと暗いかな」ぐらいで生きていた。モグラだ。

そうして3年目の正月を迎えた今日、(そう、まさにこの記事を書いている朝)、たまたま天井照明を覆う白い半透明のプラスチックカバーが少し傾いていたことに気づき、取り外して拭き掃除をしたのである。
そのおかげで、円盤状のLED照明器具の中身を私はひさしぶりに改めて見ることとなり、しばらく考え、
「これ、本当に取り外せないのか?」となったのである。

そうしていくつかグダグダと試行錯誤していると、取り外せないと思っていた最後のコネクタの部品が、見事に外れたのである。

「!!外れたっ!!??」

そしてこの部分だけが天井に残った。

R0053358_r

どこにでもあるシーリング器具のコネクタである。

Inzaghi1

ただ、これは私にとって、あたかも映画『2001年宇宙の旅』で、モノリスが月で発見されたときに匹敵する衝撃的な出来事であったのだ(ヘンに汚れているのが気になったので、そのあといろいろ試して拭いてみたが取れなかった)。

「こ、これだったら・・・好きな照明器具が取り付けられるッ!?」

・・・というか、まぁ、お察しの通り、嬉しさとともに

「どうして!? 

いままで!? 

3年間も!? 

もっとトライしなかったのか自分!?」

という、自分への叱責が鳴り止むことがなかった。

Q

というわけで、古い照明器具を大きいビニールにつつんで収納の奥にしまい込み、すぐに家を出て向かったのが、「a.depeche(アデペシュ)」であった。
この雑貨&インテリア店は、私にとってひとつの理想郷みたいなところで、置いてある商品がことごとくツボで、共感するあまりできることならこの店の中で住んでいたいと思うぐらいである。

で、以前からこのお店に置いてあった照明器具がすごく欲しかったのである。
天井照明をあきらめていたので手を出さなかったが、ここにきて自分は(降ってわいたように)天井照明を必要としている~!! となり、もうこの店しか眼中になかった。

R0053364_r_2

ソケット&コードは、その名も「LONDON LIGHT」! もうこれは商品名だけで選んだといってもいい。シェードをつけるようなソケットも考えたが、ひとまずこのシンプルなカタチで試してみようと思った。コードを束ねる金具も素敵すぎる。

そして肝心の電球だが、LEDながら電球色を徹底的に極めた、スワン電器(株)の「LED SWAN BULB D2000」だ。

R0053361_r

電球一個にしては結構なお値段(3,800円ほど)がするのだが、こういうのはもはや「電球じゃないと生きられない」人々が買い支えていくしかないのである。

R0053363_r

オシャレな梱包。

こうして、さっそく取り付けてみた・・・

R0053365_r

スイッチオン!


R0053369_r

Paolodi2596756

うおおおおおーー!!

すごいオレンジ色!!!

・・・や、思っていた以上に、電球(オレンジ濃いめ)だった。すごい。LEDとは思えないクオリティ!

壁際のスイッチをオンするだけで、天井からこのライトが灯ることに、何より感動。

ネットでも買えるようなので以下貼り付けます。

まずLONDON LIGHTはこれ。

そしてスワンの電球、他にもいろんなカタチがある!

いつかはこういう製品ができるものと思っていたが、ぜひ今後も作り続けてほしいものである。

(そして今年2回目のブログもまたしてもお買い物系の話になってしまい・・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2017.12.26

自動でフタが開閉する便座について、価値観がくつがえった話

 毎月通っている鍼灸師さんについては、そのプロ意識や哲学に共感でき、とても尊敬している。そしてまたこのブログで以前も書いたように、鍼灸師さんのオススメするものについても私は影響を受けやすく、すんなりと取り入れて購入したりもする。

 そうした付き合いを通して分かってきたのは、鍼灸師さんは家族を抱えつつ個人開業で真摯に患者さんと向き合い日々奮闘している一方、どうしても物欲にはコロッと負けることが多いようで、本人もそのことを認めている。なのでこのごろの話のテーマは「最近どんな高い買い物をしたか/いま欲しいものはなにか/自分の買い物は果たして正しかったのか/物欲とは、所有欲とは何か」といったものが増えてきて、物欲をめぐる深遠な葛藤を互いに語り合うことが多くなった。

 私は身体のメンテナンスをしに鍼灸を受けに来ているはずなのだが、なんだか最近はそれに加えて「消費活動の心理をめぐるカウンセリング」を受けているようにも思える・・・とはいえ、相手が迷い続けている買い物についての対応としては、『ひたすら背中を押して励ます』ことがほとんどなので、問題の解決にはほど遠い気もする(そして物理的にも鍼灸師さんは私の背中に針を打ち、お灸を据え、マッサージを施してくれているわけだが)。

 さて、そんな鍼灸師さんが最近買ったもののひとつが、「センサーで感知して自動でフタが開閉する便座」であった(すいません、飲み食いの楽しい歳末に、ここから今日はちょっと臭う話になっていきますよ)。

 ある場所でその良さを味わい、ぜひ我が家にも導入したいと熱望して、調べたらけっこうなお値段がしたそうだが、思い切って買ったとのこと。

 その話を聞いた私の最初の反応としては、「たしかにトイレのフタを触らなくてもいいのは衛生面ではメリットがあるけれど、そんな大枚をはたいてまで自宅に導入する価値はあるのだろうか? トイレのフタぐらい自分で開け閉めすればいいのでは?」というものだった。

 しかしそれは全自動トイレを使ったことのない人間ゆえの浅はかな思い込みなのであった。そのトイレとともに始まった新たな生活のなかで鍼灸師さんが感じ得た以下の境地が、私の思い込みを転換させてくれた。

 鍼灸師さんいわく、トイレに入って便座のフタがパカッと開くということに、

「トイレがまるで自分を歓迎してくれているかのように感じる」

というのだ。

Di_canio_2

     目からウロコ、ポコーン!!!!

「な、なるほど・・・・!!」と、思った。

そして私も「それは、お金を払う価値がありますね! ていうか、長い目でみたら、すごく安い買い物かもしれない!!」と、一瞬で考えを改めたのであった。

つまり、「トイレが自分を歓迎してくれる」という感覚は、その効用として便通の良さにも通じていくのではないかと思うわけである(笑)。

気持ちの問題ではあるのだけど、自分のおかれた状況にたいして、今からお世話になる便器が「歓迎の意」を表してくれているのであれば、そこから得られる「心理的なサポート感」は、プライスレスな価値がある、と思う。「ようこそ! ささっ、どんどん出してって!!」(笑)

本人だけでなく家族全員がそういう気持ちでトイレを利用できるようになれば、健康面においてさらに計り知れない価値がある。

・・・・というわけで、その話を聞いて価値観の大転換が起こってしまった私は、「いつか欲しいもののリスト」のなかに新たな項目を付け加えたことは言うまでもない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2017.03.04

さいきんのこと:プレステVR、デロンギ、『繁栄』、三谷幸喜と清水ミチコの対談について

 先日同僚のタスク家におじゃましたときに、最近話題の「プレイステーションVR」があって、ちょっと遊ばせてもらった・・・いやはや驚異の体験とはまさにこのことで、ゲームの世界に没入するというのは、文字通りの意味でこのVRという装置が叶えてしまった。

ファミコンをはじめて触って以来30年近くが経ったが、家庭用ゲーム機はついにここまできてしまったのかと、何か踏み込んではいけない領域を垣間見た気分で、「すげー!!」と叫びまくってしまった。当然、プレイ中は周囲に頭とかぶつけないようにしないといけないわけで、バーチャルの世界に埋没するがゆえに気をつけないといけない物理的状況を、現実的に配慮しないと危険なのである。当たり前といえば当たり前なのだが。

 実際にVRに対応したゲームの世界では、こちらの自由意志による視点移動を現実世界のそれのようにあらゆる角度で表示することを可能としている。つまり走行中の車のなかにいて、後ろをふりかえってみると、こちらの首振りのスピードに合わせて後部座席に映る景色をスムーズに見せてくれるわけだ。ふー。

 タスク氏はこのVRをまだ自分の子どもたちにはプレイさせておらず、それはとても賢明な判断だと思った。物心ついたときからこうしたバーチャル・ゲーム機器で遊びまくることで、いざ自分が生身の状態で運動をするときに、どうしても物理状況における限界、「身体が動き得る幅の狭さ」みたいなものを感じてしまい(動きにくいし、失敗したらケガも怖いし、いいことがない)、リアルな運動に興味を抱かなくなる子供が今後増えていくんじゃないかと想像してしまう。あくまでもバーチャルが楽しいのはリアルとの比較があるからなのだが、こうしたバーチャル・ゲームの流れが不可避となると、大きい目でみたときにどういう影響が浸透していくのか、見守っていくしかないのだろう。

 ちなみに、ゴーグルで映像を見せる装置という観点でいけば、このVRをつけたときに真っ先に感じたのは「まるで映画館にいるみたい」ということだったので、寝たきりの人とかがDVDの映画を楽しむときの補助具というような方向性も今後発展していくのだろう。


---

いまさら驚くべきことではないのだが、住んでいる場所がとても寒く、部屋が冷え冷えとしており、エアコンだけでは限界を感じていた。しかし改めて賃貸契約をみると、燃やす系の暖房機器は使えないので、最近思い切ってデロンギのオイルヒーターを買ったのである。

 いままでオイルヒーターの導入をためらっていたのは、「置き場所によって性能が発揮できるかどうかが決まる」とか、「すぐには部屋が温まらない」という情報が、どうもひっかかっていたからである。しかし、ためらっているあいだにも部屋は寒いままであり、「ないよりはマシだろう」と買ってみたわけだ。

 そして結論からいうと「たしかに、いったいどこに置くのが正解なのかが分からない」ということだった。いちよガイダンス通り、もっとも寒くなりやすい窓際に置いているのだが、あまりにカーテンや壁にヒーターを近づけすぎると危険らしいので、このポジショニングが実に中途半端なものになるのだった(電源コードとコンセントの関係も考慮しないといけないし)。そして案の定、あまり温かさを感じることはない。

 これは何かに似ているなぁと思ったら、それは「どこのポジションが最も適正なのか分からないままのサッカー選手」だった。チームを去るときまで、結局どこのポジションがベストだったのか分からないままの選手はかなり多い。そのモヤモヤがまさにいま、オイルヒーターという物体として私の日常に、ささいな懸念事項として存在しているのである。

そういう意味ではかなり人間くさい器具かもしれない。そう思うと愛着すらわいてきた。寒いけど。

---

 最近読んだ本でダントツに面白かったのが、マット・リドレー・著『繁栄―明日を切り拓くための人類10万年史』 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫、2013年)だ。

「いろいろ言われているけど、世界はこの10万年単位で、確実に『良く』なっている」というのがこの本の主張なのだけど、その是非はともかく、人類の繁栄のキーとなったのが「分業と交易・交換」という概念であるというポイントはとても示唆的だ。あるアイデアを、他人とシェアしたり、交換しあうことで、新たなアイデアが生まれていくということをひたすら繰り返してきたからこそ、人類は生きのびることができたというのがこの本全体を通して検証されている。

このネット時代だとなおさらその「分業・交換」のプロセスは予想を上回る規模とスピードで行いうるのだから、そうしてまた新たな課題解決に人類は取り組み、乗り越えていけるのだろう・・・という前向きな気分が読後感として残るので、ひろくオススメしたい一冊。

---

あ、あともう一冊、このシリーズをいままでなんでスルーしてきたのだろうと後悔していて、このごろジワジワと集めて読みまくっている。三谷幸喜と清水ミチコの対談集。

もともとはFM番組での喋りを文章化しているのだけど、なんかこう、言葉のテンポや相手の発言への切り返しとか、文章だからこそできる「ある種のカタチやパターン」において、読み手を引き込んで、笑わせる技術に昇華させていて、この二人の絶妙なレベルでの掛け合いが、読んでいて爽快なのである。

ちなみに「むかつく二人」の文庫版は6年前に出たものだが、巻末の解説はいまをときめく星野源が書いていたりする。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.12.26

乾物屋スモール(大阪・高槻)に行ってみよう

以前も紹介した『スロウダウン』というフリーペーパーをつくっていた大学時代の後輩のまぁこ嬢が、旦那さんとともに高槻に古民家を買い取り、そこを改造して乾物屋「スモール」を10月にオープンさせた。
出来上がる直前、1日だけ自分もお店の壁の漆喰塗りを手伝わせてもらった。「こんなシロートが漆喰塗って大丈夫ですか」と思ったが、やってみると楽しくて、こうしていろんな人の手でDIY的にお店が出来上がることが面白くもあった。

オープン直後に訪れた写真がこちら。

Smallimg_1664

Smallimg_1667

Smallimg_1668

Smallimg_1669

Smallimg_1670

『スロウダウン』のなかでも、食べ物を大切にこだわって作っているさまざまな生産者の人への詳細なインタビューやレポートが書かれているが、そうしたつながりのなかで出会ってきた人々との関わりがこんどはお店の形になって、こうして我々が実際に購入できる場を作ったのであった。

お店のホームページは(こちら)。

そしてお店の場所が確かに分かりにくい。
ホームページではJR高槻駅からのバス利用の行き方が紹介されている。
JR高槻駅北乗り場②塚脇・下の口行きに乗車し、「塚脇」下車。約15分。
 バス停を降りたら、道路を反対側に渡って、バスの進行方向と逆にしばらく歩く。
 田んぼを左側に見ながら、その田んぼが終わったところを左折。
 右手に小さな坂道(服部連塚の表示があるところ)をしばらく登っていく。
 服部連塚の矢印の方(右折)に進み、つき当たりの白い家のところを左折。
 右手の角の家がスモールです。
 ぐるっと回ると入り口があります。

とのことで、「服部連塚」というのは小さい古墳のこと(こちら)。
そこで私なりにグーグルマップで文字を追加した地図はこちら。

Smallimg_2000
(クリックしたら大きくなります)

で、当初は私はここよりもちょっと西側の路地に迷い込んだのだが、かなり独特の面白い雰囲気をただよわせているエリアだったので、むしろ「さんざん迷ったほうが面白いぞ!」とオススメしたい気分であった。

営業時間11:00-18:00
日・祝・月 定休とのこと。

いろんなワークショップやイベントも実施されているので、自分もいつかここで何かやってみたい。

ここを訪れるお客さんには、まさに雰囲気はスモールだけど志のおおきい、ポジティブなエネルギーに満ちたまぁこ嬢と、食の安全やいろんなお話を楽しんで欲しいと思う!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2016.02.01

スマートレターとかクリックポストとか、日本郵便のサービス名称がいまいち覚えにくい

今日まで知らなかったのだが、日本郵便はクロネコメール便を叩きつぶしたあとに「スマートレター」なんてサービスをいつのまにか始めていたのな。

A5サイズで1kg以内だったら180円で送れる。

ちょうどDVDケースがぎりぎり収まるぐらい。

Jppostalfuck

ちなみに信書もOKとのこと。

政治的圧力により(そう言い切ってもいいだろう)、クロネコメール便がなくなってしまったあと、どーしようもないので、腹立たしさを覚えながらもしぶしぶ日本郵便の新サービスである「クリックポスト」を使うようになったのだが、いずれにせよこの手の郵便サービス、ネーミングがいまいち覚えにくい。どういうわけか、記憶に残りにくい。

実際、さっきこのスマートレターを買った「ゆうゆう窓口」のスタッフだって、「スマートレターください」と言ったら一瞬ポカンとして「なんだっけ」みたいな瞬間があったことを、私は見逃さなかったぞ。
(あ、『スマートレター』って、ひょっとしてスマートフォンという言葉が由来なのか? まさか、そんな)

それで思い出したが、どうして「エクスパック」という名前をやめてわざわざ「レターパック」に変更したのかもよく分からない。「レター」って、もはや郵便局という概念においてトータルに関わってくる言葉だから、あたかも飲食店チェーンの名前に「グルメ・レストラン」って名付けるぐらい落ち着かない感じがするのだが。

で、私なぞは、あえて郵便局の窓口でもいまだに「エクスパックください」って言ってしまうのである。たぶんこれからも意図的に「エクスパック」って言いたくなるかもしれない。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

2015.04.16

酒のケントボーイズにロンドン風情を感じる件

店の看板に「酒の」とつくので、あまりお酒を飲まない自分はいままで利用したことがほとんどなかったのだが、引っ越し先の近所に「酒のケントボーイズ」があったため、たまたま店内に入ってみたら、驚いた。

「ここ、イギリスのオフ・ライセンスの店っぽい!!」

その支店だけがたまたまそうなっているだけかもしれないが、酒だけでなく食料品や日用品や雑貨など、ゴタゴタしたノリでいろいろなものが売られていて、若干薄暗く、狭い店内に商品が敷き詰められている。
そして、店内にうっすらと流れるBGM。

これは、ロンドンを旅している気分である。

かの国には「オフ・ライセンス」と呼ばれる個人経営っぽい商店が街のあちこちにある。おそらくこれがあるがために、日本的なコンビニは作られにくいと思える。
「ライセンスがオフである」というのは、「この店内ではお酒は飲めません」ということのようで、つまりは酒屋さんのことである。酒屋がメインだけれども、食料品や雑貨や新聞雑誌などいろいろなものがそろう。

グーグルで画像をみてみると、

Ol_01
だいたいがこういう店構えで、

Ol_02
そう、こういう無愛想なオヤジさんが一人で店をやっている雰囲気。レジ横のガムやキャンディーの棚なんて、じっくり眺めてられない気分になりがち(笑)

Ol_03
色気のない商品の陳列スタイル。

こういうオフ・ライセンスの店がわりと夜遅くまでやっていて、飲み物や果物とかパンとかを買って宿に戻る、っていうのが自分としては「ロンドンに来たんだなぁ」ということを実感できる、旅先での空気感のひとつである。

そういうテイストを、近所のケントボーイズでは知ってか知らずか、ナチュラルに表現できており(しかも輸入食材もわりと多いので、なおさら無国籍感がある)、ムダにここで積極的に買い物したくなる。

これがきっかけで、「オフ・ライセンスっぽさ」っていう尺度でもって日常の食料品店をあらためて観察してみるという、あたらしい趣向を手に入れた。
ほかのケントボーイズの支店ではどうなのか、ちょっと気になっている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2014.12.23

Harukana Showポッドキャスト:2週連続で、あれやこれやと。

イリノイ州アーバナ・シャンペンのコミュニティラジオ番組「Harukana Show」、2週連続で話をさせていただきました。
「ちょっと古いもの、がオシャレになっている話」とか、新作のZINEの話(こちら)。
そして、小説『ジェネレーションX』を読んで人生踏み外したなーっていう、改めて聞くとはずかしい話(こちら)。あぁだからDIYとかに人生の関心をシフトさせていったのか、とタテイシがしゃべっているうちに気づいていくあたりも、聞く人が聞くと痛々しい(笑)。

ポッドキャストを聴き直して気づいたことがあって補足すると、「物語をクリエイトしていく、言葉の可能性」っていう、その言説もよく考えたら、ヴィム・ヴェンダースの映画『夢の涯てまでも』(1991年)の最後の最後で出てくるテーマだった。結局そんなところからの影響ばっかりやんけ、っていう(笑)。 

ちなみにこの映画はヴェンダースの大失敗作のひとつらしいが、中高生の頃に観てしまった以上、ただストレートに私にはグッときてしまったものがあったので、いつまでも大事にしたい作品なのだ(でもあまりに駄作らしく、日本版DVDがこの作品については今の時点では入手できない 笑)。

↑日本での劇場公開時のポスターを見つける。買うかどうか迷い中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧